一人暮らしのミネラルウォーターとウォーターサーバーのコスト比較

ミネラルウォーターとウォーターサーバー、様々な種類や契約のシステムがあり、かかるコストにもかなりの幅があります。

ここでは、一人暮らしをした場合のコストを比較していきたいと思います。 まず、平均的な成人男性が1日に必要とする水分量ですが、およそ2300ミリリットルと言われていますが、飲み物での接種は、1200ミリリットルから1500ミリリットル、いずれも食事に含まれる水分量によって少々の変動は出ます。 では、1日に1500ミリリットルの水分を摂取するように心がけた場合のコストを比較したいと思います。 まず、ミネラルウォーターの場合ですが、現在市場に出回っているミネラルウォーターの2リットル入りペットボトルの平均単価は、120円程度です。よって、1日にかかるコストは、90円程度です。 ウォーターサーバーの場合、水1リットル当たりのコストは、平均して130円程度です。ただし、契約内容にもよりますが、ウォーターサーバーのレンタル料が別途かかる場合があり、サーバー自体の電気代も換算すると1日当たりのコストは、明らかにペットボトルで買うものより高くなります。 ただ、冷水、温水をオンタイムで使えることや、外出の度合い、重たい水を買いに行く手間などを考えると、ペットボトルの方が必ずしも良いとは言い難いです。 もちろん、サーバーを契約する会社や料金形態、サービス期間やポイント制度、ミネラルウォーターの種類の豊富さや成分の特徴などを考えると料金以外でのメリットを含め選ぶ必要があります。